南浦和歯科

PREVENTIVE DENTISTRY予防歯科

予防歯科について

当院での
予防歯科の特徴

本来の歯科医療は歯を削らない・抜かないように、生涯自分の歯で生活出来るように保健指導を掌ることであり、それにより公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保することが本来の姿です。

当院では、生涯に渡り口腔の健康を維持するための歯科医院を実現しております。世界基準の科学的根拠に則り、予防プログラムを組んでいます。
従来の歯科医療とは少し異なる点がございますので、ご理解頂けますと幸いです。
当院のスタッフは、皆様の生涯のお口の健康管理について、安心してお任せいただくように努力しています。健康を守るためのシステムをどうぞ有意義にご活用ください。

予防歯科

当院の診療体勢について

担当衛生士制の徹底

担当衛生士制を採用しております。

一人の歯科衛生士が担当を継続することで、些細な変化に気づくことが可能になります。
例えば、虫歯になりそうな部位を治療するのか、様子をみるのか。
治療の判断をするのは患者様と歯科医師ですが、患者様の一番近くで変化が無いのかを確認することが出来るのは担当制の一番のメリットです。

また、回を重ねる毎に患者様の個性にあったケアの仕方をブラッシュアップいたします。
そして良い方向に向かえば喜びも共有出来ます。
ご家庭やお仕事の出来事などをお話しながら、『いつもの歯科衛生士さん』とリラックスして施術を受けてみてはいかがでしょうか。

お口の説明書

ご自身のお口の状態を把握していただくために歯周病の検査結果やお口の写真をお渡しします。

例えば、病院で血液検査をした際結果のデータを渡され、どこが悪いのかをご自身で把握し食生活など気をつけると思います。
これと同じで歯も現状を把握していただくための資料をお渡ししています。

予防歯科について

予防歯科とは、歯を大切にするうえではとても重要なのです。 虫歯も歯周病も、お口の中で起きている病気ですが、その影響は全身へと拡散していきます。 お口のこと、身体のことで後悔しないためにも、“今”始めることが最善の結果を得る最良の方法です。

『痛い時にだけ歯医者さんに行き治療をする』
この繰り返しでは、いずれ歯はなくなってしまうこと、ご存知でしたか?

大切なことは、歯を失わないよう原因にアプローチすることが大切です。
歯を失う原因は虫歯と歯周病が多く占めます。
生涯を健康なお口で過ごしていただくためには、虫歯と歯周病をどう防ぐかが重要になって行きます。

予防歯科

予防歯科の重要性

2012年の55-74歳を対象にしたある雑誌の調査では、健康に関して後悔したことの第1位が『歯の定期検診を受ければよかった』でした。
(調査概要/gooリサーチとプレジデント編集部の共同調査による結果)

日本には、お口のことで苦労し、後悔している方がたくさんいらっしゃいます。
診療の現場でも歯を失って初めて歯の大切さを感じる方が多くいらっしゃいます。
部分入れ歯や総入れ歯になってしまった方にもっと予防歯科に早く出会っていれ入ればと言われることも多いです。
また我々歯科関係者が予防の重要性を伝えきれなかった力不足だったのかもしれません。

予防には、病気を未然に防ぐという意味だけでなく、実は病気を早期発見早期治療することや、治療とリハビリによる病気の悪化防止、再発防止も含まれています。
つまり、お口の中の『病気の発生を防ぎ』、それでも発生してしまった病気に対しては『早期に発見し、最小限の治療を行い』、その後『メンテナンスで再発防止と進行抑制を行う』のが予防歯科です。

予防歯科を怠るとどうなる?

失った歯、失った骨は二度と元には戻らない

詰め物や入れ歯などの人工物で補うことはできますが、天然の歯を取り戻せるわけではありません。

歯周病に関しては再生療法という治療法もありますが、それでも完全に元に戻るということはありません。
虫歯も歯周病もある意味身近になってしまっているために、小さな問題と捉えて歯科受診を先延ばしにしがちですが、実際には取り返しのつかないことがお口の中では起こってしまっています。

お口の中、生活習慣などのリスクを把握し、清潔に保つことで病気を未然に防ぐことができます。

自覚症状なく進行する

実は虫歯は、痛みなどの自覚症状がなく進行してしまいます。

『虫歯=痛い』というイメージはありませんか?
自覚症状が出る頃には、すでに手遅れになっていて、神経を取る処置が必要な場合もあります。
これまでに、どこも痛くもなかったのに、検診で数本虫歯があると指摘された経験があるのではないでしょうか?
その経験が虫歯は痛みなく進行することを裏付けているかもしれません。
歯周病は、重度に進行しても痛みがほとんどありません。そして、痛みがないまま抜歯に至ることもあります。
歯を失う原因が虫歯と歯周病です。その2つが症状もなく進行してしまうのです。
『痛みがない=健康な状態』では決してありません。

定期的なチェックで状態を確認し、必要に応じて治療に移行することで進行を防ぐことが可能です。

一度治療しても、再治療をする可能性が高い

治療後時間が経つと、治療で入れた人工物は当然劣化し、変形したり、壊れてしまうこともあります。

また虫歯が再発する場合もあります。一度治療したら、その状態を一生保つことは非常に困難です。
そして再治療を繰り返すと、最終的には歯自体を失うことになります。

問題が発生していないか定期的にチェックを行い、長持ちするような対策を行うことで防ぐことができます。

予防方法について

01. 「現状のお口の中を把握する」

現状のお口の中を把握することや、どのように虫歯と歯周病になるのか理解することが大切です。患者様ご自身のお口状態や原因論を把握して、なぜ虫歯や歯周病になるのか理解していただくことが必要になります。

02. 「リスク改善」

虫歯や歯周病にならないようにリスク改善をし、患者様ひとりひとりの虫歯・歯周病のなりやすさ(リスク)を理解していただくことが必要です。

03. 「継続的なケア」

患者様自身が自分の歯に関心を持ち「自分の歯は自分で守っていく」という意識のもと、家庭でケアを行うことが必要です。

予防治療の流れ

はじめて来院される患者様に口の中の検査(一部保険外)を行い、個別に情報提供しています。

初回

ご自身の歯を守るために大切なことは治療前に現状把握することになります。

STEP01
問診

STEP02
レントゲン

STEP03
お口の写真

STEP04
歯ぐきの検査

STEP05
説明

2回目

初日で現状把握していただいた後は、リスク改善を行います。

STEP01
自宅でのホームケアの内容をお聞かせください

STEP02
染め出し

STEP03
歯磨き指導(お口の状態や、歯並び、歯の大きさなど個人個人違うため、患者様に合った歯磨き方法をお話しさせていただきます)

STEP04
PMTC (クリーニング、着色取り、フッ素)

3回目

初回の検査から歯ぐきが治っているか、歯がしっかり磨けているか(リスク改善)を確認します。この状態によって定期検診の期間を決めていきます。

STEP01 歯ぐきの再検査
STEP02 再度染め出し
STEP03 PMTC (着色取り、艶出し)

メインテナンスについて

その後、歯周病原細菌が増殖し始める3ヶ月ごとに一度のメインテナンスになります。
※歯周病の進行が進んでいる方は、その後も歯周治療を進めていく場合もございます

・お口の状態(虫歯、歯ぐきなどのチェック)
・歯磨きのチェック
・MTC(クリーニング、着色取り、艶出し)
※期間などにより歯周病の検査、レントゲンなどを行う場合もあります。

定期健診について

メインテナンスとは

患者様の中には、「歯科検診」と「メインテナンス」を混同している方がいますが、「歯科検診」は病気を早期に発見して早期に治療することを目的とした検査です。

一方「メインテナンス」は、健康な歯と口の状態を維持するための健康管理です。
その内容の1つには悪くなっていないか、あるいは悪くなるようなことが起こっていないかを問診や検査によって歯と口の状態を確認することです。
もう1つの目的は、健康な状態を長期的に維持するために、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアとホームケアへのアドバイスです。

予防歯科

定期健診を行うメリット

・虫歯や歯周病になるリスクを大幅に軽減できる
・万が一虫歯などができてしまった場合でも、早期の治療が可能
・早期治療の方が費用を安く抑えられる
・将来自分の歯を残すことができる

歯が健康だと医療費が安くなる

若い年代の人ほど、医療費を負担に感じていないかもしれません。
厚生労働省医療保険データベースによれば、一生にかかる医療費は、2400万円となっています。
医療保険制度によって自己負担額は変わってきますが、70代以降、年間の医療費は平均約20万円を超えます。

トヨタ関連部品健康保険組合(愛知県豊田市)と豊田加茂歯科医師会の共同調査で、定期的に歯科を受診して歯の健康維持に努めた人は、生涯医療費が平均よりも安くなることがわかりました。

調査について 組合員5万2600人の2009年度の医療費と受診歴のデータを分析し、歯石除去など予防を目的に定期的に受診した人602人を対象に総医療費を調べた。
調査結果 定期的に歯科を受診している人は48歳までは平均よりも医療費が高くなっている。
49歳を超えると平均よりも安くなり、その差はどんどん広がっていく。
(65歳では平均医療費よりも15万円以上安くなっている)

トヨタ関連部品健康保険組合は、調査結果について「歯が悪いと食事が偏ったり、歯並びが悪くなったりする。それが糖尿病や肩凝り、骨粗しょう症を招き、体全体の健康に影響する」と分析しています。 歯を失うことは、糖尿病だけでなく、認知症や脳血管疾患などさまざまな全身疾患のリスクを高めます。お口の健康を守ることは、全身の健康維持につながり、医療費の節約につながるのです。

予防歯科 予防歯科

上の画像は、痛みなどの自覚症状がなくとも、定期的に歯科医院での予防歯科を受診していた方と、痛みが出てから歯科医院で治療をする方の生涯にかかる治療費と、歯のライフサイクルです。定期的に通う方がお金が掛かりそうですが、治療となると症状によって、何度か通院が必要となりますし、修復などでコストも掛かってしまうため結果的に、数百万の差が生じてしまいます。

さらに、治療型の患者様は、早い段階で歯を失う事になってしまいますので、自分の歯で美味しいごはんを召し上がる事もできなくなってしまいます。定期的な歯科利用を心がけて、大切な歯を末永く維持して行きましょう。(出典:日吉歯科診療所調べ)

定期健診の流れ

皆様の歯とお口の健康をつくるために、歯医者さんでは歯科健診や歯科相談を行っています。また、虫歯や歯周病予防のための治療を行っています。

STEP01. 虫歯のチェック

虫歯は、歯の噛む面やつけ根だけでなく、歯と歯の間などの直接見えないところにもできやすいものです。また、一度つめて治療してあっても、そのわきの方に新たな虫歯ができることもあります。専門的な立場から虫歯をチェックします。

STEP02. 歯ぐきのチェック

歯のまわりのポケット(歯周ポケット)が深いと、歯周病になります。あなたの歯周ポケットの深さはどのくらいか、チェックします。

STEP03. 歯垢の染め出しチェック

歯垢(プラーク)は、虫歯や歯周病の原因ですが、これをきれいに取り去ることはとても難しいことです。どこにプラークがつきやすいかをチェックするために、歯垢の染め出しをします。

STEP04. ブラッシング指導

歯と歯ぐきの正しい磨き方は、その人の歯並びや歯磨きの癖などのため、一人ひとり違うものです。あなたに合った、歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの正しい使い方を、確認いたします。

STEP05. 歯垢・歯石を取る

歯ブラシで取りきれなかった歯垢は、虫歯や歯周病の大きな原因となります。できるだけ早く歯垢を取り除きます。
歯石は誰にでもつき、歯肉を圧迫するなどして、歯周病を引き起こす原因の一つとなります。自分で取り除くことは困難ですので、定期的に歯石を取り除きます。

STEP07. 歯科相談

虫歯や歯周病についての悩み事以外でも、顎の痛み(顎関節症)、噛むこと(摂食)、飲み込むこと(嚥下)についての指導や治療、要介護者のお口の中のケアなどについても気軽に相談してください。

STEP08. お口の中の粘膜の病気チェック

お口の中や舌、唇、口角などの粘膜にできる炎症(口内炎)には、お口の中やその周りに原因があるものと、全身的な原因があるものとがあります。また、口腔粘膜の異常は、口腔がんなどの病気の可能性もあります。普段からお口の中を清潔に保つとともに、定期的に歯医者さんでお口の中の粘膜の状態をチェックいたします。

定期健診は3ヶ月に1度がベスト

虫歯や歯周病を防ぐために定期的なチェックをお勧めいたします。
来院間隔はセルフケアの状態等にもよりますが、お口の健康状態が安定した方であれば3ヶ月に1回をご提案しております。

*歯石とはお口の中の細菌と唾液中のリンやカルシウムが一塊となって石灰化したものをさします。
ザラザラしているので細菌が付着しやすく、歯周病を中心として感染症が生じやすくなります。歯ブラシで落とせるプラークとは異なり、歯科医院での治療が必要となります。