南浦和歯科

PEDIATRIC DENTISTRY小児歯科

小児歯科について

おうちの方
へのお願い

「歯医者がこわい」というイメージを持っている方は子供に限らず大人の方もお持ちなられている方はいらっしゃると思います。

周りの大人のイメージはお子さんに伝わり、歯医者嫌いになってしまうことがあります。
お子さんが自分でお口のケアができるようになったら、自分の意志で歯医者に通えるように以下のことに気をつけてください。

01. 歯医者さんは怖いところや、おどしたりしないでください。

02. 痛い思いをする場所やウソをついて連れてこないようにしてください。

03. おうちではみがきしないと、むし歯になって痛くなるよなどといわないようにしてください。

04. 治療後はたくさんほめてあげてください。たとえ泣いてしまっていたとしても、小さなことでもいいので「できたこと」を見つけてあげましょう。

05. まわりのおとなが正しい歯の知識を持つ。

こどもの歯が虫歯になると…

• しっかりと噛む事ができず身体の成長を阻害してしまいます。噛めない事により成長に大切な野菜やお肉などが嫌いになり、炭水化物を好むようになります。柔らかい食事は顎の成長も悪くなり、お口周りの筋肉が弱くなり永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。
• 年齢によっては虫歯であいた穴の分だけ隣の歯が寄って来てしまい、永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。
• 虫歯が大きくなり、根に膿みがたまったままになると、歯の抜ける時期が早くなり抜けたスペースに歯が寄って来てしまい、永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。
• 前歯に虫歯ができ穴があいていたりするとお子様自身がはずかしく思い、口を開けて笑えなくなってしまう子もいます。
• 虫歯が増えれば、口臭や発音も悪くなる事があります。

※こどもの歯は、おとなの歯に比べ未熟のため、虫歯になりやすく、又、進行しやすいため定期的にフッ素や検診をする事が大切です。

歯医者が初めてのお子様の
治療の進め方

STEP01
カウンセリング

おうちの方へおうちでの食習慣や歯磨きの習慣などをお聞きします

STEP02
レントゲン撮影

約4歳以上で怖がらずに撮影可能なお子様には行います

STEP03
お口の写真

一緒に協力してもらう事で遊びながら行います

STEP04
はみがきのれんしゅう

お子様とおうちの方へ、はみがきの練習を行います

STEP05
お口のチェックとお口のお掃除

どんな感じかさわってみて体験

STEP06
できた子にはご褒美のガチャガチャ

これを楽しみに来ていただいているお子様は多いです

デンタルキッズ・
ジュニアクラブ
入会特典

デンタルキッズ キッズ0歳から6年生まで
ジュニアクラブ ジュニアは中学生が対象となります

・キッズファイル
・検診時毎回フッ素塗布
・お口周りの筋肉検査
・スタンプラリーがたまったら金メダルプレゼント
・矯正無料相談
・検診時毎回歯ブラシプレゼント
・子供用の口腔ケアグッズの割引あります

入会時にお子さま用の歯ブラシセットを購入していただくことになります。その後の年会費などは無料となります。

歯医者さんが
苦手な子への
練習プログラム

本来であれば、記憶に残らないくらい小さい時から定期的に歯医者さんに通うと痛くないイメージを持つため怖がらないです。むしろ歯医者さんが大好きなお子様の方が多い気がいたします。
しかし、一度痛い思いや押さえつけられたりすると嫌な記憶しか残りません。

心がけていること

①少しずつ慣れてもらう
②暴れてしまう子にもネットをかけたり、押さえつけたりはしません。
③少しでも出来たら褒めることを意識しています
④少しでも嫌がったらお子様と相談しながら進めていきます。

診療室に入れない場合は

・信頼関係を築くために保育士が遊んだりします。
・大きい機械や診療台があると怖がってしまう子もいるためキッズルームやカウセリングルームでお口のチェックやはみがき指導をしたりします。

診療室に入れたら

・お子様の年齢にもよりますが、お子様の甘えが出てしまうためできれば保護者の方と別々に入ることをすすめています。
・入れたら衛生士さんと遊びながら診療台に慣れていきます。
・何をされているかわからないため怖がってしまう子もいます。その場合鏡で何をしているかみてもらったりします。