南浦和歯科

DECAYED TOOTH虫歯

虫歯について

当院の虫歯治療の
2つの特徴

特徴1:痛みの少ない治療

歯科治療に対する恐怖心・痛みへの恐怖心から治療をためらっている方に、痛みの少ない治療を行っています。
恐怖心を少しでも和らげ、一人でも多くの患者様に受診して頂きたく思っています。
麻酔注射時には、以下のような痛みを抑える工夫を行っています。

「表面麻酔」

多くの患者様が最初に嫌がるのは、麻酔注射をする時の痛みです。
その痛みも、事前に注射する箇所にペースト状の表面麻酔薬を歯肉にしみこませることで注射時の痛みを無くします。

表面麻酔
「極細の針」

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは少なくなります。
当院では現在発売されている中で最も極細の針(33G)を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

極細の針で痛みの少ない麻酔
「麻酔注射の速度」

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となります。そのため、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切になります。
常に一定の速度を保ちゆっくりと注入することで、痛みを最小限に抑える工夫をしています。

麻酔の注入速度を一定にゆっくり行う

特徴2:なるべく神経を取らない治療

「虫歯・歯周病リスクの排除」

虫歯治療の際、なるべく神経を取らない治療をしています。
歯の内部の痛覚を生み出す部分を「歯髄」と言い、ここがいわゆる「歯の神経」と呼ばれる部分にあたります。
歯髄は痛みを感じる神経線維というだけではなく、極細の血管が走っている組織で、歯に栄養を送る働きをしています。
また、細菌が歯の中に入ろうとするのを防ぐ役割も持っているのです。神経を取ってしまうとその周辺の極細の血管まで取ることになるので、
栄養分が歯に行き届かなくなり、歯がもろくなります。さらに細菌を防いでいた働きもしなくなるので、歯周病になりやすく、歯の寿命も短くなってしまうのです。

当院では、虫歯や歯周病になりやすい原因を少しでもなくすために、やむを得ない事情を除いてなるべく神経を取らない治療に努めています。

なるべく神経を取らない治療

虫歯とは

虫歯の原因について

虫歯になってしまう原因は、虫歯菌が出した酸によって歯が溶けてしまうことで起こってしまいます。
お食事後の歯磨きがしっかりとできていないと歯にプラークと呼ばれる歯垢がたまり、虫歯菌はそのプラークを栄養にして酸を排出します。

虫歯菌の存在

虫歯菌は、幼少期に家庭内で感染することが多いとされています。虫歯菌がお口の中に存在することで、虫歯になるリスクが高まります。

虫歯とは
食後、お口に残る糖分

食後、お口の中に糖分が残っているとそれをエサに虫歯菌が「酸」を出し、歯を溶かします。砂糖を多く含む甘いものには要注意です。

虫歯は糖分が原因
歯みがきまでの時間

虫歯菌が活発に「酸」を出し始めるのは食後30分位からといわれています。
食後や就寝前など、適切なタイミングの歯みがきでお口の中から糖分や虫歯菌を取り除きましょう。

しっかり歯磨きを行い虫歯・歯周病予防
もともとの歯質や唾液の力(緩衝能)

もともと酸に弱い歯質、抗生物質の服用などで虫歯菌への抵抗力が弱くなっている歯質があります。
唾液の緩衝能(酸性から中性に戻す能力)がもともと弱いと虫歯になりやすいです。
ご自身の歯質をしっかり把握し、フッ素塗布などで歯質強化を図りましょう。

唾液の効果について

虫歯の進行レベル

虫歯の進行レベルは5つの段階に分けられます。患者様のお口の状態により、歯を残せるか・失うかなど、治療方法が異なります。
お口の異変に気付いた時は、早めにご来院ください。

C0
特徴 歯の表面のエナメル質がわずかに溶けている状態です。
まだ痛みもない状態です。
治療内容 定期検診で見つけることができた場合、早期に対応できます。
適切な歯磨きやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促せば、治癒できるケースもあります。 定期的なメインテナンスを行い経過観察を行います。メンテナンス時に口腔ケアの指導や定期的にレントゲンを撮る場合もあります。
虫歯C0
C1
特徴 歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態です。
冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。
治療内容 最小限虫歯の部分を削り、コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックで修復します。
※当院では削らずに経過を見ることも少なくありません。
虫歯C1
C2
特徴 エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態です。
冷たいものや甘いものにしみることもありますが、無症状の事も少なくありません。
治療内容 可能な限り最小限虫歯の部分を削り、コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックで修復します。
虫歯の範囲が大きく、コンポジットレジンによる修復が困難な場合は歯を削って型取りを行い、歯科技工士によって作製された詰め物(インレー)を歯に装着します。
虫歯C2
C3
特徴 虫歯が、歯の内側の神経まで達した状態で「何もしなくても歯が痛い」「冷たいものがしみる」「噛むと痛む」といった症状が加わり、後に激しい痛みに変わる場合もあります。
治療内容 歯髄(歯の神経)を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、被せ物(クラウン)を歯に装着します。
虫歯C3
C4
特徴 神経が壊死している場合がほとんどなので、痛むことは少ないですが、歯自体が感染源となってしまっているため、体の抵抗力が落ちた時に急激に腫れや痛みが出ることがあります。
治療内容 歯をできるだけ残すよう、部分矯正治療や再植、外科治療なども検討いたします。
しかしながら抜歯にいたってしまうケースもあります。抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯で噛む機能を回復させます。
虫歯C4

虫歯治療の流れ

STEP01 虫歯の検査

検査器具やレントゲンで歯周病の進行度合いを調べます。

STEP02 治療計画の説明、お口の環境改善

虫歯の状態についてご説明し、治療計画をご案内します。
お口の環境を整えます。(お口の掃除、歯ブラシの仕方)

STEP03 虫歯を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。
歯の神経まで虫歯が達している場合は神経の治療も行います。

STEP04 詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

STEP05 再発予防

虫歯を再発させないために、患者様の状況に応じて歯のクリーニングや定期検診(メンテナンス)を進めさせて頂いています。

虫歯にならないための予防法

歯科医院で受ける「プロフェッショナルケア」

特殊な器具を使用してキレイに

スウェーデンでは多くの人が、虫歯がなくても定期的に歯科医院を訪れます。

もちろんプロケアは日本の歯科医院でも受けることができます。
虫歯や歯周病を引き起こす細菌は、口の中にたまった歯垢をすみかにしています。

歯科衛生士は特殊な器具を使い、ふだんの歯みがきではなかなか取りにくい
歯と歯ぐきの間にたまった歯垢も丁寧に取り除いてくれます。
プロケアを受けると、虫歯や歯周病のリスクが大きく減ると言われています。

定期的に歯科衛生士による「プロフェッショナルケア」を受けることをおすすめしております。

虫歯にならないための予防法